小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(木・土は17:30まで)[休診日]日曜・祝祭日

お菓子でむし歯になりやすい?

こんにちは。院長の加藤です。

2月といえば印象的なのはバレンタイン。

 

近年では女性が渡す
「本命チョコ」

「義理チョコ」
の他にも、

 

友だちにあげる
「友チョコ」

家族にあげる
「ファミチョコ」

男性が女性にあげる
「逆チョコ」など、

 

プレゼントするチョコにも

色々な種類があるようです。

 

 

お店に並ぶ色んなチョコを見ていると、

ついつい自分のために

「マイチョコ」も買ってしまう……

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そんなチョコレートを食べる機会の多い
2月ですが、

皆さまのイメージする通り

「砂糖の多い食べ物」には
むし歯の危険性があります。

 

しかし、なぜ砂糖の多い食べ物


そういった危険性

があるのでしょう?

 

 

 

実は、たとえむし歯がなくても

お口にはミュータンス菌を始めとした



「むし歯菌」

が住みついていることがあります。

 

 

そして、この「むし歯菌」


砂糖をエサにして
歯垢(プラーク)を形成し、


酸で歯を溶かし続けるようになります。

 

 

すると、やがて歯に穴があき

むし歯になってしまいます。

 

 

私たちが好きな「お菓子」、

特に、砂糖の多いお菓子ほど

むし歯菌にとっても大好物
というわけですね。

 

 

そこで、そんな「要注意なお菓子たち」

危険度順にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 


むし歯の危険度「低」

・砂糖不使用のおせんべい

・クラッカー

・ポテトチップス

・スナック菓子 など

 

砂糖が使われておらず、

口に含んでいる時間も短いため

むし歯になる危険性は比較的低いと言えます。

 

 

 

 


むし歯の危険度「中」

・ケーキ

・シリアル

・アイスクリーム など

 

こちらは先ほどのお菓子より



 

これらには砂糖が使われているため

むし歯菌の好物ではあります。

 

しかし、

サクサク・パリパリとして食べやすかったり

すぐに溶けてしまう、など


口に含んでいる時間が短いため

危険度はやや低いです。

 

 

 

 

そして、
お菓子の中でも

とくにむし歯になりやすいのが…

 

 

 


むし歯の危険度「高」

・チョコレート

・クッキー

・和菓子 など

 


砂糖が多く使われ、


食べ終わるまで時間がかかり、


歯にくっつきやすい!

という、


むし歯菌が繁殖するには


もってこいのお菓子

です。

 

ここに画像入れる

とはいえ!


糖分が一切入っていないお菓子を探すのは大変

ですし、


好きなお菓子を気にせず食べたい

ものですよね。

 

 

 

 

そこで大切なのは、


糖分がお口の中にある時間を短くすること。

つまり、
だらだら食べ続けないこと
です。

 

 

食べる時間をしっかり決めれば、

食べてない間に歯が再生(再石灰化)し、


むし歯になりにくい口内環境

となります。

 

 

加えて、毎日の歯みがきももちろん効果的!

 

これらにちょこっと気をつけていただき、


お菓子を楽しみながら むし歯知らず

を目指してくださいね!

 

 

 

ちなみに、

チョコレートの中にはなんと、


むし歯予防に効果がある


「キシリトールチョコレート」

というものもあります。

 

 

むし歯になりやすいお子さまや、

大切な方へのプレゼントにいかがでしょうか。

 

かとう歯科クリニック
〒485-0023 愛知県小牧市大字北外山2213-6
TEL:0568-76-6788
URL https://www.kato-dental-clinic.jp/
Google情報 https://g.page/komakikatou?share

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約