小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(水・土は17:30まで)[休診日]木・日・祝

虫歯はどうやって治療する?進行段階別に治療法を解説

虫歯と言えば、すぐに歯を抜くイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、虫歯の進行段階によって治療法が異なります。

今回は、虫歯の段階別の治療法について、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックがわかりやすく解説します。

ごく初期の虫歯(C0)

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされる病気です。いきなり歯が溶けるのではなく、まずは歯の表面を覆うエナメル質の一部が溶かされます。

エナメル質には神経がないため、痛みは感じません。

この段階では、毎日の歯磨きで汚れを落としたり、フッ素塗布をしたりすることで改善が期待できます。

エナメル質内の虫歯(C1)

エナメル質に穴があいた状態です。この段階では、冷たい飲み物や食べ物がしみる場合があります。

歯を抜く必要はなく、虫歯になったところだけを削り取り、そこにレジンなどを埋めます。

小さな治療で済むため、この段階までに治療を受けに来ていただきたいところです。

神経の近くまで達した虫歯(C2)

エナメル質の内側にある象牙質に虫歯が達した状態です。

この段階では、冷たいものだけではなく甘いものまでもしみたり、何もしていなくても歯が痛くなったりします。

治療法はC1と同じく、虫歯になっている部分だけを削り取り、詰め物やかぶせ物で歯を補います。

神経に達した虫歯(C3)

象牙質よりもさらに奥にある神経に虫歯が達した状態です。

この段階では、強い痛みに襲われるため、歯科医院を受診する方が大半でしょう。

虫歯のある歯や神経を取り除き、薬を詰める根管治療が必要です。

根管治療で失った歯は、かぶせ物で補います。

歯の根に達した虫歯(C4)

C3の段階で治療を受けずに放置すると、やがて神経が死んでしまいます。神経は、痛みを感じとるために必要なため、この段階では痛みが消失します。

しかし、次第に歯の根の先に膿がたまり、再び痛むようになるのです。

この段階では、抜歯が必要となることがほとんどです。

歯の機能を補うためには、入れ歯やインプラント、ブリッジのいずれかの治療が必要となります。

まとめ

このように、虫歯は大きく4つの段階に分類されており、それぞれ治療法が異なります。

あらかじめ、どのような治療法があるのかを知っておくことで、歯科医院を受診する気持ちを持ちやすくなるかもしれません。

歯の病気で困っている方は、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックへご相談ください。

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約
  • LINEで矯正無料相談