小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(木・土は17:30まで)[休診日]日曜・祝祭日

子供の歯並びの種類は?八重歯・出っ歯・受け口・過蓋咬合・開咬などを解説

歯並びが悪い状態とは、どのような状態を指すのか気になる方は多いのではないでしょうか。八重歯や出っ歯、受け口など、さまざまな噛み合わせの問題があります。今回は、子供の噛み合わせが悪い状態について、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックがご紹介します。

叢生・八重歯

叢生(そうせい)はいわゆる歯がガチャガチャになってしまっている状態で、八重歯も叢生の一種です。顎に対して歯が大きいことなどが原因で、歯が様々な方向に生えている状態です。八重歯に対してかわいいイメージを持つ方もいますが、食事に支障をきたしたり自信を持てなくなったりする原因のため、必要に応じて矯正することが大切です。

上顎前突・出っ歯

出っ歯は、上の前歯、または上の歯が全体的に前方へ出ている状態です。おしゃぶりや指しゃぶりの期間が長かったり、頬杖をついたりすることが原因とされています。また、下の顎が上の顎に対して小さいことでバランスがとれない場合にも、出っ歯になります。

下顎前突・受け口

受け口は出っ歯とは逆のパターンで、上の歯よりも下の歯の方が前に出ている状態です。骨格のゆがみによって起こります。原因は頬杖や左右どちらかに偏った噛み方とされています。

過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう)は、下の歯が上の歯に深く覆われている状態です。強い噛み合わせや奥歯の欠損、骨格の問題などが原因とされています。この場合は、顎の成長を促すことで、顎のバランスを整えて治療します。

開咬

開咬(かいこう)は、口を閉じたときに上下の歯が噛み合わない状態です。上下の歯の間に舌をはさんだり、舌を前に突き出したりする習慣があると、開咬になりやすいといわれています。

すきっ歯

すきっ歯は、歯と歯の隙間が大きい状態です。顎と歯の大きさのバランスが合っていなかったり、歯が抜けていたりすることが原因とされています。成長とともに改善する場合もありますが、まずは歯科医院で診てもらうことが大切です。

まとめ

子供の噛み合わせの問題は、大人のものと同じく食事や発音などに支障をきたします。子供の頃から治療を始めることで、歯並びのコンプレックスで自信を失うのを防げるでしょう。子供の歯並びについて不安や疑問などがある方は、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックまでお越しください。

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約