小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(木・土は17:30まで)[休診日]日曜・祝祭日

MFT(口腔筋機能療法)とは?行うメリットと期待できる効果

MFTは、口を動かすときの筋肉にアプローチする訓練法です。正しい歯並びを維持したい方は、歯科医院でMFTを受けることが大切です。今回は、MFTの内容や行うメリット、効果などにについて、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックがご紹介します。

MFT(口腔筋機能療法)とは

MFTは「Oral Myofunctional Therapy」の略称で、口腔筋機能療法ともいいます。行う目的は、歯並びに関連する筋肉の動きを整えることです。MFTで継続的に筋肉へアプローチすることで、正しい歯並びを維持しやすくなります。

歯は、唇や頬の筋肉や舌による圧力を受けています。通常では、それだけで歯が大きく動くことはありませんが、筋肉の働きに偏りがあると、歯並びが乱れる恐れがあるのです。

筋肉の働きに偏りがある状態で矯正治療を受けると、矯正期間が長くなったり、治療後に歯が動いたりする可能性があります。そのため、歯並びを整えたい場合には、MFTと矯正治療を並行して受けることが大切です。

MFTで行う内容

MFTでは、食べ物を噛んだり飲み込んだりするときに使う頬や舌、唇などの筋肉を訓練します。それによって、正しい咀嚼や嚥下、発音などが身につき、不用意に歯に圧力をかける習慣がなくなります。

MFTを受けた方がいいケース

MFTは、次のような場合に受けることをおすすめします。

指しゃぶりの頻度が多い

指しゃぶりは、成長の過程によるもので、それ自体は問題ありません。しかし、指しゃぶりの頻度が多かったり、何歳になってもやめられなかったりすると、歯並びに支障をきたす恐れがあります。そのため、MFTで筋肉の働きを整えることが大切です。

舌を前に出すクセがある

舌を前に出すクセは、乳児が早い段階で失われたり、永久歯が先天的に生えてこない状態になっていたりすることが原因とされています。舌を前に出すと、歯が圧力を受けて動いてしまいます。

また、食べ物を飲み込むときに舌を前に出してしまうケースもあります。さまざまな不正咬合に繋がるため、MFTで筋肉の働きを整えることが大切です。

その他にも

お口がいつもぽかんと開いていたり、お口を閉じているときに、ベロの先が下の歯の裏についている

このような状態も正しい位置にベロが置かれずに、歯並びの不正を引き起こしていきます。

まとめ

MFTを受けることで、筋肉の働きの偏りが整って、歯並びが乱れにくくなります。矯正治療を受ける場合は、MFTで筋肉の働きを整えておくことが大切です。矯正期間がむやみに長くならないように、MFTを前向きに検討しましょう。MFTで不安や疑問がある方は、かとう歯科クリニックへお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約