小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(木・土は17:30まで)[休診日]日曜・祝祭日

子どもの歯並びを悪くしないために!親御さんが注意しておきたいこと

子どもの歯並びの悪さには、日ごろの習慣が関係しています。親御さんが注意することで防げるケースもあるため、確認しておくことが大切です。今回は、子どもの歯並びを悪くしないために親御さんができることを愛知県小牧市のかとう歯科クリニックがご紹介します。

授乳のときに気をつけたいこと

授乳は、赤ちゃんが頬をすぼめたり舌を動かしたりすることで、舌や唇、頬などの筋肉を発達させます。そのため、適切な方法で授乳したりミルクをあげたりすることが大切です。やわらかすぎるシリコン製の乳首を使えば、口周りの筋肉の発達に支障をきたすでしょう。

口周りの筋肉は歯並びと深く関係しています。適度に硬い乳首を使って、適切にミルクをあげてください。

離乳食のときに気をつけたいこと

離乳食のときは、口や舌などの筋肉を使って、食べ物を飲み込む動作をします。このときに、正しい動作ができていないと、上下の前歯の間に隙間ができる開咬のリスクが上がるのです。また、やわらかいものばかり食べると奥歯周りの筋肉が発達しないことで出っ歯になります。

そのほか、噛む回数が少ないと舌の位置が下がることで受け口になるなど、食習慣は歯並びに深く関係しています。

乳歯が生えてから気をつけたいこと

乳歯が生えてからは、虫歯に注意しましょう。乳歯の虫歯が悪化すると、永久歯の歯並びに問題が起こる可能性があります。そのため、乳歯だからといって放置するのではなく、虫歯ができたら早めに治療しましょう。

また、虫歯にならないように、しっかりと歯磨きすることが大切です。毎回、必ず親御さんが仕上げ磨きをしてください。

食事のとり方で気をつけたいこと

子どもが自分で食事をとれるようになったら、しっかり噛むように指導しましょう。また、姿勢が悪いと、前かがみになることで舌が前へと向いてしまい、前方の歯だけで噛むことが癖づいてしまいます。

姿勢を維持したまま口に食べ物を持っていくように指導しましょう。

まとめ

子どもの歯並びは、普段の食習慣の影響を受けます。癖づいてからでは直すのが大変なので、普段から食事の姿勢をしっかり指導することが大切です。また、歯並びにはさまざまな要因が絡んでいるため、食習慣や姿勢を見直すだけでは防げない場合もあります。早めに相談することで、子どもに大きな負担をかけずに治療が可能です。子どもの歯並びについて気になることがある方は、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックまでご相談ください。

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約