小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(木・土は17:30まで)[休診日]日曜・祝祭日

子どものうちに歯を矯正するメリット6つ【負担・期間など】

子どものうちから矯正するのは、矯正装置が見えるからかわいそうと思っている方は多いのではないでしょうか。確かに、矯正装置は見えますが、それ以上に子どもの矯正にはメリットがあるのです。今回は、子どものうちに歯を矯正するメリットについて、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックがご紹介します。

あごの発達を利用できる

子どものあごは成長段階にあるため、あごの成長を利用して歯を動かすことが可能です。あごを広げたり上下のあごのバランスを整えたりできます。あごが小さいと、将来的に歯がきれいに並ばなくなるため、子どものうちに整えておきたいところでしょう。

歯を抜かずに治療できる可能性が高い

あごの成長を利用できれば、歯を抜かずに治療できる可能性があります。歯を抜くと、他の歯に負担がかかるため、抜かないのに越したことはありません。

短期間で矯正できる

歯を動かす距離が小さくて済むため、大人と比べて短期間で矯正できます。矯正期間が長いと、装置の違和感や見た目に悩まされやすいでしょう。

矯正装置に慣れやすい

子どもは大人と比べて矯正装置に慣れやすいため、精神的な負担を軽減できます。ただし、思春期に入ると、矯正装置が気になりやすいので、矯正期間は慎重に決めることが大切です。また、矯正方法には、ブラケットとワイヤーを歯の裏に取り付ける裏側矯正、透明のマウスピースを装着するマウスピース矯正などさまざまです。子どもの希望に合わせて選びましょう。

前歯をぶつける心配が少なくなる

子どもは、激しく動き回ったり運動したりするため、前歯が大きく出ているとぶつけてしまう恐れがあります。早めに矯正することで、前歯をぶつける心配が減るでしょう。

コンプレックスになるのを防げる

早めに矯正することで、歯並びの悪さがコンプレックスになるのを防げます。思春期は、見た目が気になりやすい時期のため、それまでに矯正したいところでしょう。歯並びが改善すると、笑顔に自信が持てるようになり、コミュニケーション能力を養うことにも繋がります。

まとめ

子どものうちに矯正することで、比較的短い期間で歯並びを改善できます。また、あごの成長を利用することで、あごのバランスを調整できるのも大きなメリットです。歯並びが悪いと、食べ物を十分に咀嚼できなかったり、笑顔に自信を持てなくなったりするため、子どものうちに矯正することをおすすめします。子どもの矯正で気になることがある方は、かとう歯科までお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約