小牧市のかとう歯科クリニック
名鉄小牧線「小牧口」徒歩5分
[診療時間] 9:00~12:30/14:30~19:30(木・土は17:30まで)[休診日]日曜・祝祭日

子どもが矯正治療を嫌がったら?親ができる対処法とは?

子どもに矯正治療を受けるように伝えても、嫌がられる可能性が高いでしょう。矯正治療は、子ども自身の協力が必要なため、無理に受けさせるのではなく納得させることが重要です。今回は、子どもが矯正治療を嫌がったときの対処法について、愛知県小牧市のかとう歯科クリニックがご紹介します。

無理に矯正治療を受けさせる問題点

子どもに無理やり矯正治療を受けさせた場合、歯医者と親御さんの両方に嫌悪感を抱くようになります。教育にもよくありませんし、虫歯や歯周病で歯医者に通わなくいけなくなったときに行きたがらなくなるでしょう。矯正できないことよりも大きな問題につながるため、無理に受けさせるのはおすすめできません。

矯正治療が必要な理由を丁寧に説明する

矯正治療が必要な理由を子どもに説明しましょう。矯正治療を受けないと、将来どのような問題が起こるのかを伝えることが大切です。「歯列がガタガタになると、口元が気になって人前で笑いづらくなる」、「食べ物を噛みづらくて食事を楽しめなくなる」、「虫歯や歯周病になって歯を抜くことになる」など、不正咬合によって起こり得る問題を伝えましょう。

他の子どもも矯正治療を受けていることを伝える

なぜ、自分だけ矯正治療を受けなければならないのかと、不満を口にする子どもも少なくありません。他の子どもも矯正治療を受けていることを伝えることが大切です。大人になってから矯正治療を受けるよりも、子どものうちに受けた方が負担も少なく、仕事のときに困ることもない旨も伝えましょう。

子どもの矯正治療に慣れている歯医者を選ぶ

子どもが矯正治療を受ける気持ちになっても、通う歯医者に問題があれば途中でやめてしまいます。そのため、子どもの矯正治療に慣れている歯医者に通うことが大切です。いきなり矯正治療をするのではなく、歯医者に慣れてもらうことから初めて、子どもの自主性を尊重する歯医者をおすすめします。

さまざまな矯正治療の実績があり、子どもの矯正で評判がいい歯医者を選びましょう。

まとめ

子どもが矯正治療を嫌がったときは、無理に受けさせるのではなく、しっかり話し合うことが大切です。1日や2日で子どもが納得するわけではありません。根気強く伝えて、納得してもらいましょう。矯正治療について子どもに直接話してほしいという場合も含め、お困りの際にはお気軽にかとう歯科までご相談ください。

あわせて読みたい

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約